HOME>注目記事>暖房器具を購入する際に知っておきたい豆知識
暖房器具

ヒーターを使う際に知っておくべきこと

一般的な電熱ヒーターは、発電力がかなり高めです。1000Wほどの電力を出すものも少なくないために、使い方のルールを守らなければ事故の元になります。例えば壁のコンセントから延長コードをつなげての運転は危険です。また電源コードの上に荷物を載せたりコードを束ねた状態で使ったりするのもよくありません。電熱ヒーターで洗濯物を乾かすといった作業も、火事になる危険性があるので控えましょう。それぞれの電熱ヒーター商品には、取り扱い説明書や使い方がきちんと記されています。必ずそれを読んで、ルールを守って使用することが安全のためには必須です。また指定通りに使うことで、器具の故障を防げますし長持ちします。

電熱を利用したヒーターの種類

一言に電熱ヒーターと言えども、種類はいろいろあります。熱源がニクロム線で特殊な金属線に守られた状態のものが、シーズヒーターです。電熱線がむき出しではないので、汚れにくいですしダメージにも強く長持ちします。黒鉛カーボンが使われているのが、グラファイトヒーターと呼ばれるものです。一方炭素繊維から成るものはカーボンヒーターになります。そのほかハロゲンランプが熱源となるハロゲンヒーターや、ニクロム線が固定されているニクロム線電気ヒーターなどもよく見られる種類です。ニクロム線電気ヒーターコスト的に入手しやすいという利点があります。

広告募集中